魅力について

もはやアマチュアの楽しみにはとどまらないパワーを持つ同人誌

漫画やアニメは今や日本が世界に誇るサブカルチャーとなっていますが、それを陰で支えていると言ってもいいのが同人誌の存在です。 同人誌は漫画愛好家が集まって発行する冊子形式の出版物のことです。内容は同人自らが描いたオリジナル漫画や有名作品のパロディ漫画などが主流です。独自の視点による漫画評論などの文章が掲載されることもあります。 こうした同人誌は主としてインターネットや全国で開催される即売会などで販売されます。特に東京で開かれる同人誌即売会は多くの来場者を集め、人気誌は千部単位を売り上げることもあるとのことです。また、そこでの評判がプロの編集者の耳に入り、商業雑誌でのデビューを果たす作者もいると言われています。つまり同人誌といっても仲間うちだけの楽しみではなく、経済的に大きなメリットをもたらすものでもあるのです。

専門業者ならきめ細かなサービスが期待できる

となれば当然、内容はもちろん印刷面でもクオリティの高いものを作りたいと考える愛好者たちの数はどんどん増加していきます。こうした需要に応え、現在では同人誌専門の印刷業者というものが登場し、漫画冊子づくりに特化したサービスを提供しています。 同人誌印刷には原画の再現性の高さが重要であるとともに、手に取ってもらうためにはサイズや厚さ、表紙レイアウトなどにも工夫が必要です。専門業者であれば豊富なノウハウを蓄積しているので、こうした1つ1つに対して的確なアドバイスが受けられます。また即売会の期日に合わせ特別に納期を短縮したり、即売会会場に直接完成品を納入してくれるサービスを行っている業者もいます。さらに印刷原稿もオンラインでで入稿できるなど遠隔地に住む人への配慮もなされています。